早咲きのプリンセス雅(みやび)が開花!!!

朝から曇り空になりはっきりしないお天気でしたが

柳島治水緑地まで朝の散歩を延ばしてみました

さすがカモ類は少なくなっていましたが、やっと咲き始めた桜の木を発見

撮影してきて調べたら、皇太子妃 雅子 妃殿下にちなんで商標登録され、

別名 プリンセス 雅子とも云われている桜木で、プリンセス雅(みやび)とも呼ばれているようです

満開になるころ又行って見たいと思いました

1)
e0052135_16491947.jpg

2)
e0052135_16493492.jpg

3)
e0052135_16495089.jpg

4)
e0052135_1650121.jpg

5)
e0052135_16502867.jpg

6)池の中の様子
e0052135_1651480.jpg

7)この池で初めて見たカモメ、東京湾から飛んできたのか?
e0052135_16514710.jpg




ネットよりコピペしました

※雅(みやび)=プリンセス雅(大島系山桜と緋寒桜との自然交配と思われる)

※由来=現在の「皇太子殿下・雅子様」の御成婚を記念し雅子様の「 雅 」を頂き雅(みやび)と命名した。
始めはプリンセス雅と名を付けましたが、今では[雅]と呼んでおります。「(山桜実生苗を苗圃にて育成した中より選抜苗、自然交配による突然変異)又、桜を(雅の原木)育成し持っていた生産者は種苗業者より桜苗を500本購入した中の1本が他と異なる花色の桜の花があったので選抜し残して置いた桜。」
雅の原木(親木)は現在、㈱埼玉植物園にて保存(保護・養成)して居ます。浦和市と大宮市に跨る見沼耕地(約700ha)の中ほどに鮮やかな濃紅色の花木が突然目に入り花桃の花と思い、畑に行き原木の花を見、調べたところ桜の花でした。見たことの無い珍しい「桜の花」でしたので図鑑等を調べましたが該当する品種が在りませんでした。全体的な樹形・花等は横浜緋桜に似ております。萼筒は釣鐘状で萼筒・萼片共に暗濃紅紫色で花びらがやや細長く、花は濃紅紫色、花弁は5枚で一重、花序は染井吉野と同じ散形状3~4花からなる。全体の樹形、新枝、はソメイヨシノ桜に似ておりまが、芽はカンヒ桜の芽に似ております。 
by wakaba0818 | 2016-03-05 16:53 | 花の写真 | Comments(0)

花や市民農園を中心に、身近な散歩道(草加市内)や時々都内をブラブラしながら興味をおぼえて感動したことなど、埼玉県草加より


by wakaba