歩く姿は百合の花ですかね(*^_^*)

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花・・・と言われる百合の花

自宅の山百合の花が、香りが強く咲きだしていましたので撮影

6月頃から散歩道で咲きだしていた百合を撮影していました

本当に色々な種類があるんだなと思い、整理して更新します(*^_^*)

1)
e0052135_22010564.jpg
2)
e0052135_22005448.jpg
3)
e0052135_22004855.jpg
4)
e0052135_22005132.jpg
5)
e0052135_22010093.jpg
6)
e0052135_22005790.jpg
7)
e0052135_22010780.jpg








芍薬も牡丹も共に美しい花で、百合は清楚な花であることから、美人の姿や振る舞いを花に見立てて形容することば。
芍薬はすらりと伸びた茎の先端に華麗な花を咲かせ、牡丹は枝分かれした横向きの枝に花をつける。百合は風を受けて揺れるさまが美しい。
これらのことから、芍薬は立った見るのが一番美しく、牡丹は座って見るのが一番美しく、百合は歩きながら見るのが一番美しいという説がある。
また、芍薬はまるで美しい女性が立っている姿のよう、牡丹は美しい女性が座っているよう、百合は美しい女性が歩く姿のようだなど、諸説ある
by wakaba0818 | 2016-07-06 22:16 | 花の写真 | Comments(0)

花や市民農園を中心に、身近な散歩道(草加市内)や時々都内をブラブラしながら興味をおぼえて感動したことなど、埼玉県より


by wakaba