自宅庭に咲いた紫陽花の花をアップで(*^_^*)

週末梅雨あらしになる予報が出ていますが、今日は穏やかな日になり洗濯物が片付きました

市民農園でキュウリ・ナス・ミニトマト・インゲンやジャガイモの収穫などをしておきました!(^^)!

小さな庭ですが紫陽花の花が咲きだしていましたのでアップで撮影

1)ダンスパ-ティ-
e0052135_15404751.jpg
2)
e0052135_15404460.jpg
3)
e0052135_15404268.jpg
4)アナベル
e0052135_15403431.jpg
5)
e0052135_15403013.jpg
6)
e0052135_15401477.jpg
7)ヤマアジサイ
e0052135_15401116.jpg
8)合歓の花


e0052135_15394429.jpg

コピペ

アジサイの花色は土の酸度によって決まるということは、意外とよく知られています。
これはどんなメカニズムかと言うと…アジサイの花色は、アントシアニン系色素がはたらいて、
青色やピンク色が発色します。青色は、土中のアルミニウムが吸収され、色素と結合して発色します。
逆に、アルミニウムが吸収されないと、ピンク色が発色します。アルミニウムは酸性土壌でよく溶け、アルカリ土壌では溶けません。
だから、土を酸性にすれば青花になり、中性~弱アルカリ性の土壌ではピンク花になるんです。
中には土壌に関係なく両方の色にきれいに発色する品種もありますが、
ほとんどは青花系品種を中性~弱アルカリ性に近い土に植えてしまうと、赤みを帯びた紫色になります。
また、ピンク花系品種は、酸性土壌に植えてしまうと、青みを帯びた紫色になります。紫色は濁った色とされてしまうので、アジサイの生産農家は品種固有の色を判断して、その色をよりきれいに発色させるために土や肥料を調整しています。ちなみに、白花系は色素を持たない品種なので、酸性・アルカリ性どちらの土でも構いません。









9)
e0052135_15393148.jpg
10)
e0052135_15392838.jpg
11)
e0052135_15392576.jpg
12)合歓の花も
e0052135_15393360.jpg



by wakaba0818 | 2019-06-14 20:20 | 花の写真 | Comments(0)

写真撮影が大好きで、身近な散歩道や時々都内をブラブラしながら、興味をおぼえて感動したことなど、埼玉県より


by wakaba